食後か多汗症がむ3度は消化を促進することができます

p〉〈時はまず<>主食主食は


毎日食後に緩やかきゅうじゅう度の腰をかがめるさん回、毎回いち~に分、胃の前傾、食べ物に胃の竇をあけて、加速消化.注意する必要は、胃食道逆流、逆流性食道炎を治療する人、この方法を使用することはありません.

お腹
p>を腹に<五本の指を閉じ、へそを中心に、両手のひら回転按摩腹部、一歩マッサージに回り、表裏の方向を交互に行うことで、腹が赤く熱感を宜.お腹をこするときには、効果がちょうど、綿質の無釦の上着を着て、ボタンのマッサージや静電気.

唾液でうがい
高齢者の好みの機能が弱くなり、唾液の分泌量が減少と関係.湖南省漢方医学院教授李文海は言うことを釈明して、唾液を含むアミラーゼ、しっとり口腔まで、殺菌作用を潤す、唾液も好みの1種の重要な物質は、消化係の機能が正常に発揮されが大きく関係していて .

李文海提案、高齢者がいくつかして口腔運動、唾液の分泌を促進する.まず、しんみり、目を閉じ、舌で上顎を舐め、舌を伸ばして歯の外へ伸ばして、上下左右にかき回して.口腔神経を刺激し、唾液を大量に発生されます.唾液発生後、まず口の中で飲み込むことを保留して、量は十分に多くなって、ドラム鰭嗽、そしてゆっくり飲み込む、あるいは3度に分けて飲み込む.そう、毎日の朝晩は3~4回ずつして.