登山ダイエットに多汗症はダイエットに注意を必要とする

は、この運動は、老幼、登山は、体を鍛えることができるだけではなく、また、山には、山の風景を陶冶情操、良い運動方式と言ってもいい運動だと言う.多くの人は登山、登山はまだダイエットして、登山の技巧に注意して.

爬山ダイエットのテクニック:

に登ってダイエットするテクニック:

1,呼吸

p>は過程の中で<登山道にも拘らずの長さも一定の呼吸の週波数はだんだん大きくなり,多汗症、強度が突然足どりを速めるまたは最後の1段の一生懸命突っ走って、呼吸運動の中で急に変更が発生頻度.普通の情況の下で心拍数を維持し120-140回/分が最も適している.

p2、省力

省力、山に登るときは前傾にして、登山愛好家は険しい山道で登山杖,登山者1/3程度の体力、特に重装備の状況下では、登山者が1/3程度の体力、特に、重装備の場合は
.下山にはZ字形、体力も節約、ひざ関節も保護することも可能です.

p3、水補充

山に登った時、汗が出やすく、喉が渇きを感じる時、体はすでに渇水状態になりました.科学の飲用水の方法は山に登る前~15分400-600ml水、こんなに運動中の渇水程度を軽減する.登山過程で水を飲むことは、多く飲むこと、喉を濡らしても.

p運動の同時に運動の安全保護、特に老年人、登山時一定の力に注意しなければならない.