気持ちが随筆_多汗症 112

人の世は

運命付けるように殘念ながら、海の波のように:時に行動が素早い;時に静な処女.四月のことが多く、そんな雲ネット噂と、真偽のほどはわからない、心穏やかでない、長い間、無あちこちは文字、一日中うつらうつらするか、殘念なことに、気落ちして、心は常に、動く状態乾燥し、希望する機会を探して、しかし生活はこのように:不完全に成功した人生の中で1種の独特の美.

路傍:路傍田野田野田野的稲田:路傍田野田野田野的稲田的稲田.風において、風に揺れる腰の姿、香りを出して、農民が刈り取っている
.多くの回、通って、みな思わず足を止め、小さい片憩う:稲の香りを嗅いで、土のにおい、うつむいて聞いて大地の脈打つローラー、豊作の喜びを分かち合う.

五月:甘やかして陽火のように、きれいに焼いて足元にこの土地がひりひりする、直冒煙が、遠くの各施工現場,労働者たちは汗をぬぐう猶雨、緊張で忙しく働いて、各種の機械往復シャトル:階だんだん高くなり、路はだんだん広くなりましたが、週囲のすべてがだんだん美、どの日の荒涼の地を変えて、そっと……

五月の夜:蒸し暑いです、気持ちに動揺し、混乱して,多汗症、1つにできないか見当が部屋を出て、やわらかな月の光の下で、龙沐灣通りに沿って、ゆっくりと落日ビーチに、特にない目的地は遊走、湿った海風に吹かれながら、ひとしきり涛を挟んで音も撫でない動揺の気持ちに.

p>と<見上げる夜空、海に直面して、大声で次/、心に望みを繰り返さない:昨日、赤い五月、永遠に、永遠に続く……

人生のことは、どれだけ人生か,記憶の心には長いかと、「人生を生きているのか……