毎週健は7回、多汗症腎臓病は死亡率が6割下がると

中国医薬大学付設病院腎臓科医師周哲毅発表で『アメリカ臨床腎臓学会誌(ClinicalジャーナルオブtheアメリカンSocietyオブNephrology)』のオンライン版の研究によると、毎週ウォーキングすれば1回半時間と作用を発揮することが、ウォーキングの頻度も高く、愈久、自然と体に良い.研究チームの追跡を超える6300位、平均年齢ななじゅう歳の慢性腎臓病を患って、平均の1 .
3年追跡、発見常健歩いた病気が腎臓移植の確率を洗っていないよりも低いウォーキング者.

ぶればずに歩いて行健運動の患者で、毎週行くいち~に回、さん~よんしよ度,多汗症、ご~ろく度とななしち度以上の患者、その死亡率はそれぞれ17%、28%,58%減と59%.

周哲毅補充、腎臓病患者の有無に多健に行っても、他の健康問題が生まれる可能性があるが、確かに改善できるウォーキングに患者の健康状況、向上生存率,腎臓のリスクが低い.