夜_じゅう多汗症ろく

冬の夜は長くて透けている干冷、この季節になると、夜はよく最も寂しい,曇りや雨の日には、空中蒙して濃密な雲、夜、真っ黒の真っ黒な、こんな夜は最も私浸る、相思の.遠くに于安宁相思……

一人で、静かに坐っていて、頭の中を超えて普段の静かで、考えているのを思わなかった、あるいは普通時間がないと,想いは浸って静かな夜、自分も引き続き無言、任ペン先が勝手にと紙を過ぎて、殘し切れ掴み所のない回憶……

私は夜、冬が好きな冬が好きな夜には好きです.眠りの干冷、静かに身を置くと調和、夜に、目を閉じて融身はこの薄墨色の優しさの中に、例えば処女のような静かな夜、忍び出一縷の声に、静かに、音もなく静か.

この時、世界は私のためだけに存在しているのです!遠距離の知らないところで、少ない何回の喧嘩、突然現れて,多汗症、その後も瞬間になる、夢のような現実が、まるでには見られなかったことがあって、あるいはない.そっと目を覚め、極力の知りたいこの夜の果てに、この夜の方向を見極めたいと、優しいナイトクラブ柔らかあなたの視線の週りだけ短いごく限られた範囲、恐らくあなたは貪欲の目を窃取した一面夜

夜、未知の神秘、やさしい安寧、幻のような現実の存在.雑踏の昼すぎ、無声の洗濯して1枚のにぎやかな汚れ、瀋静してすべての生存者の心!

夜、静か、穏やかな存在……

夜、私は愛の夜を愛している……

P(2013年冬休み)