口腔の多汗症潰瘍どう子供口腔の潰瘍の治療ななしちの民間の処方

子供は年齢が小さいため、体の抵抗力が強く、食べた食事は少し気をつけてのぼせやすい.口腔潰瘍は、舌部、頬部、硬軟口蓋、前庭溝、下唇内側などが多発している.潰瘍は短い時間内はまだ治らない、2週間の時間まで経過する時間がようやく全快することができない.口腔潰瘍には特効療法もないが、親は、赤ちゃんの苦しみを,以下の方法で軽減することができる.

1、スイカの1つの1,スイカの中は1つの瓜汁を取ってから、約2~3分後に飲み込む、更に服をくわえて、繰り返し、毎日2~3回.

に、全脂粉乳、毎回いちスープをあえてする少量の砂糖、熱湯でといて服用する2~3回、毎日、寝る前に冲服と効果的です.通常服用2日後に潰瘍は消えてなくて .

さん、卵打ち込むボウル和えペーストリョクトウの適量を土鍋で冷たい水で液体に浸してじゅう分以上、放火に煮沸して約に分(不適に長く煮)時、リョクトウリョクトウ未熟を取って、飲用水沖の卵の花、毎日早晩それぞれいち度.

4、ビタミンCの錠剤は1~2錠圧砕,多汗症、潰瘍面にまき散らす、赤ちゃんがしばらく片時、毎日2回.この方法はとても効果的で、しかし一定の痛みを引き起こすことができて、赤ちゃんはあまり配合しないかもしれません.

ご、採鮮芭蕉葉の適量、その火焼き热贴つけます口腔潰瘍で、毎日2~3回.

ろく、干し柿に吹き柿霜を取り、熱湯でといて服用するや加入粥に服用して.

7、トマトは、押し合い汁、そしてトマト汁を口にくわえ、数分、一日何度も.