全台冥利につきる!君の多汗症心には空が汚れているから

一日24時間、一年365日、いつまでも、自力救済はできない.と空の汚れの公衛学院副院長詹长权眉間にしわを寄せる.毎日6~7リットルの空気を吸って、3缶家族を超えているという.成人は7~14リットルの空気を吸って、毎日合計1~2万リットル、80個の標準バスタブを詰めて.激しい運動時、1分間更に50リットルの空気を吸い込む.毎日、空気の量を吸い込む量が多く、自分が毎年吸い込みている発癌物質がわかる、というのがわかります.

世界公認の1級の発ガン物質――細エアロゾル(PM2.5)を例にして、台灣の健康行動連盟環境保護署空気を自動モニタリング資料、2014年PM2.5算出平均値さんじゅうマイクロ?グラム道口立方メートル近くは、世界保健機関提案の値の2倍.最汚染の前の3名は、前镇、左营、前金、高雄市、それにじゅうの測駅PM2.5良好日数はゼロで、それぞれ台北市大同駅と中山駅、新北市三重駅、台中市沙鹿駅、台南市新营駅と台南駅,多汗症、高雄市左营駅,鳳山の駅、小港駅や屏東県屏東駅.

【小ノート」PM2.5は何ですか

粒状汚染物質は空気汚染の1種のを含め、エアロゾル、落ち、黒い煙塵、金属の微粒子、酸雾、油煙など.細田粒子は粒の径が小さいミクロンの粒子で、原性と派生性に分けることができます.元は生まれつきPM2.5代表排出して化学反応を、海塩飛沫ソースを含む、現場粉塵,交通ほこり、工場の排出.

デリバティブPM2.5は化学反応後になって、主に硫酸塩、硝酸塩、アンモニウム塩.現在の大気中のPM2.5主は人為的な要素、例えば化石燃料に、工業の排出、車の排気ガスなど.(出典:空気汚染防止する法施行細則永続若死にすること、高雄のガス爆発から解析環境正義と転換怠惰』)

小さな空の汚れを大いに冥利につきる

PM2.5ない髪直径の28分の1、一見木っ端の火が、呼吸蓄積量として、小さな増加しても人の大きな冥利につきる.

「PM2.5は台灣人の命が深刻な脅威.中興大学工学部教授環と指摘庄秉洁、アメリカ実証を研究してPM2.5じゅうマイクロ?グラム/立方メートルごとに増加して、人が生きななしちはち月まで、また肺がんの死亡率を8%増加し、肺がんも台灣が近年の成長速度は最も速いがん.2003年、肺癌は十大ガン死因第2位、10年後に2013年、肺癌はすでに大幅にリードして、肝臓がんに代わりに癌第1大キラーになりました.