七個の多汗症保健の小さい動作はあなたの養生に抗疲労を抵抗することを助ける

pは左から右へ曲がると14回、右から左へ曲がって14度、片時、再び目を閉じ、再び目を覚ます.長年堅持し、目を回転させ、白内障の外に翳、近眼、遠視を矯正できる.

立て

をするので、常伸促進人体の筋肉の収縮と拡張、血液の流れを増進筋肉自体と同時に、筋肉の代謝産物を持っていって、疲労を取り除くの作用を感じさせる全身ストレッチ、精神爽快.人は爪先立つの時に、その両側すね後部筋肉の収縮に押し出し、下肢の血液のリフローを促進することができて、血液循環を加速して、それによって緩和下肢Suanzhangと下肢静脈瘤の防止と皮膚の色素瀋着.具体的な方法:足をそろえるに力を入れてから、かかとを終え、秒に~さんが、何度も何度も.

Pは頭のツボを刺激し、経絡、神経機能、分泌促進活動、血液循環を改善し、新陳代謝の促進作用を促進する.よく髪をとかすて、人の顔は赤くて、元気いっぱいです.普段は毎日3~3~5回、毎回3~5分くらいならないと、夜寝る前に一度髪をとかすて.

p〉〈時は> <4、背伸び

背伸びを引き起こすことができることを全身大部分の筋肉の収縮させ、恥ずかしい積の血液で回心臓、それによって血の量が大幅に増加して、血液循環を改善して.だから、常伸促進をする人体の筋肉の収縮と拡張、血液の流れを増進筋肉自体と同時に、筋肉の代謝産物を持っていって、疲労を取り除くの作用を感じさせる全身ストレッチ、精神爽快.

p 5時<<〉、深呼吸

深呼吸を促進することができる人の肺部の排出浊气、肺活量の増加や血液中の酸素含有量、血液循環を加速.

六、叩齿
毎日の食事前

をリラックスして、唇が軽く目を閉じて、そしての上で歯のリズムにそっと叩打.毎回をよんしよ~はち下、歯を丈夫にして、そして歯科疾患の発生を予防することができる.

七、こすって足

毎日、足湯、ベッドに入る前に、心20分、健足には非常に有益です.これは、足裏湧水穴に改善体質を改善し、機体免疫の機能を向上させる機能.

(責任編集:徐晓宇実習編集:陈琼)