一人の多汗症夏

夏はまた、いつもこの夜、一人で暗い、あるいは光の窓に立つ、無比.

何人かあることを思い出し、また寝て眠れない、夜中に目が覚めた.

自分が本当に疲れていると感じていると感じている.

人は人の心が変わることはなくて、涙は目の中で渦巻くしてまたほほえみます.

p私はそうでしょう.

1ページの日記帳を書いて、筆をきりはなす、無比いらだたしい
.

夏休みはどうやって過ごして、この夏を過ごすの?

一人で泣いて、一人で笑って、一人で寝て、一人で、一人で、一人で列に並び、一人で想念、一人で.一人で、静かな、とても良いですか?

どうしてあなたはいつも一人なんですか?」

習慣に慣れて

習慣に慣れて.」

pは.慣れたから.早く慣れました.このように多くの友達があるのに,1つの親密なことを探して、習慣は無視して身の回りのさえずりになって静かなことを選んで静かなことを選択しました.

かつての夏、1群の人は散ばらばらでもあり、引き留めは胸いっぱいの考え事を持って遠くまで.

最初、非常に長い夜、長い長い夜、長い間、長い間,多汗症、長い間、何ヶ月も関ジャニしていないということは,数ヶ月間、コンピュータのために、QQ永遠にオンラインで.

pは他人を前提として書くことではなく、最高に.それは一人、静かに、訴える、書くことが多くて、自分、自分にして……