ご飯を正しく多汗症食べると慢性病に予防できる

大米飯は中国人が毎日食べる主食で、ご飯を食べる健康の原則として、日々の積み重ね、知らず知らずのうちに、アンチエイジングの作用、慢性病人にとっては有益である.できるだけ米淡をご飯にしないように、油脂に参加して、余分なエネルギーを増加させないように、食事の後にも脂がもっと高くなる.だから、チャーハンが少なく、着香腸煮炊きしたり、油脂の料理もビビンバ、避けるべきだ.また、ご飯には塩、醤油、味を加えて、余分な塩分を増やして、血圧や予防にも役立ちません.説明のは、酢、のり小包,多汗症、中間に野菜と生生魚を加えるというのは、あっさりした原則に合っているものです.酢自体は血糖反応を下げることができます.塩辛いの料理、のり巻きは、慢性病人に適した主食に相当するものです.できるだけメートル粗と太く、なるべく減らし精白ご飯は、それらの高血糖反応、血糖コントロールやコレステロールは非常に不利.多くの繊維を食べることで、ご飯の消化速度を効果的に低減し、腸内にコレステロールと脂肪を吸着し、食後に血糖値と脂血の作用を下げることができます.このようにも人に食べてゆっくり食べさせて、量は小さくて、体重を制御します.実際、慢性患者の多くは脂肪が超えるタイプで、体重は飲食調整措置の第一.いくつかの栄養の保健の価値が特に高いの米、玄米、黒米、胚芽米など、健康にいいからといって、しかし毎日100パーセントの玄米ご飯食べて、口当りは不快に感じ、長続きしないし.そのため、炊飯の時粗と米の協力、食感は簡単に受け入れやすいということです.まず粗の原料を水に浸して一晩中、煮た時と米と同時に熟している.乱は乱れと調理して、単一の米ではなく、米、雑穀、豆、ナッツなどと一緒に煮ます.例えば、あずき大米飯、ピーナッツ燕麦燕麦など,慢性患者に適合している米食.これらの食品の材料に参加して、一方で増えたB族ビタミンやミネラル,一方でさらに果たすタンパク栄養と相補的な作用が減少、動物性食品を同時に十分な栄養供給.より重要なのは、このようにして血糖反応を下げることができて、脂血の上昇を抑えます.その中豆類と米の配合が最も理想的で、豆に豊富な食物繊維、その中のデンプン消化速度は非常に遅く、慢性病予防に最も有効に.色の白米飯はビタミン含有が低、非鉄メートル、他の食品と合わせ、ご飯を色とりどりに、その栄養価を大幅に改善することができる.例えば、炊飯に緑のピース、オレンジ色のニンジン、黄色のトウモロコシの粒に合わせて、はきれいに提供したビタミンやカロチノイド抗酸化成分に利益があって、特に目の老化予防.また、たとえば選択紫米、黒米、红米白米と組み合わせても食用を提供することができ、大量のアントシアニン類抗酸化成!