『落葉』を読む感があります。

落葉は落葉には落葉があります.それは大地が金色に囲まれ、涼しいそよ風が森を吹き抜ける、金色の波をかき立て、風には果実の香り、美しい秋になりました.

しかし、この美しい秋図には、その落葉は欠かせない落葉がある.彼らは秋風の吹く下、1匹の金の蝶が梢の上からゆっくり落ちて、空中で舞ってぐるぐる回って、自分の優美な姿を見せて、その後静かに地面に落ちていた.

pっていうのは、何か物寂しい、蕭条.梢から落ち、その命が終わると、命の果てへと.彼らは繁茂から老衰、成長から逝き、たくさんの多く、歳月はそれらの靑春を持っていって、それらを渋味になりました.

p

はまだ忘れないで次の世代のことを忘れない.それらは地に落ちて、潜んに溶け込んで、養分に栄養を新しい葉の成長.春が来る時、枝の枝には無数の淺緑の新しい葉、これらはそれらの生命の持続、愛の昇華を信じます.

作者はきっと落葉の精神を敬服し、『落葉』を書いてしまった.しかも文には、ちっぽけな落葉に宿る偉大な無私の精神が、私に敬服させてくれたのである.人の生命も葉の葉のように短く、大切に大切にするべきと思います.私は、多くの生命、短い命を照らすには、希望の人生、短い人生、自分の力に関心を持っている!