汗が異常に出てしまうことで悩むのが多汗症ということになりますが、多汗症の原因にはホルモンバランスの乱れ、遺伝、疾患など考えられます。多汗症は手術と薬を通じて治療することができます。

多汗症の症状と治療方法

人間のからだは、暑さや運動によって体温が上がりすぎることを防ぐため、必要に応じて汗をかき、かいた汗の蒸発とともに熱を発散するようにできています。
多汗症とは必要以上に汗が出て皮膚の表面が汗で濡れてしまう状態といいます。
また、精神的な緊張やストレスも発汗の原因となります。多汗症の症状があらわれやすいのは、手のひらや足の裏、ワキの下、額など、汗腺が密集している部位です。
多汗症の中でワキの汗が多いものを「腋窩多汗症」といいます。ワキの下はもともと汗腺が多いうえに、緊張やストレスなどの精神的な刺激と、気候や運動による温熱刺激の両方で発汗が促進されるため、多汗が起こりやすいところです。
汗の出る線は、主にエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類あり、脇の汗染みに関係するのはエクリン汗腺です。エクリン汗腺から汗が出てくる時に使われる神経伝達物質がアセチルコリンです。
腋窩多汗症の症状:
・わきの下に大量の汗をかきます。
・精神性発汗+温熱性発汗の相互作用で発汗量が多いです。
・緊張やストレスで症状が強く出ます。
・気温や湿度で発汗量が増えます。
ワキの多汗症の治療方法:
・塗り薬(外用薬)
塩化アルミニウムなどを有効成分とする薬を、ワキの下に塗ります。毎日塗布を続けることで、徐々に効果があらわれます。
・注射薬(ボツリヌス療法)
ボツリヌス菌がつくる天然のたんぱく質を有効成分とする薬をワキの下に注射します。
・飲み薬(内服薬)
抗コリン薬や漢方薬が多汗症の治療薬として承認されています。塗り薬や注射薬と異なり、広い範囲に効果を及ぼすことが特徴です。
・手術
神経を切断する手術などがあり、種類によっては健康保険が使えます。多汗症の症状が重く、上記の方法で効果がみられない場合の治療です。

オススメのサイト情報

正しい媚薬を探す

レビトラ10mgと20mgの違いをご紹介

シアリス10mgと20mgの違いをご紹介
早漏クリームの代用として使われる方が多く早漏防止効果はあるようですが、中折れや薬剤性EDになるリスクがあるので、即効性のある早漏グッズとしては、個人的にはサムスクリームやリドスプレーをおすすめします。
強壮剤は体全体の機能を整えて精力増強を促すタイプの精力剤なので、総合的な精力増強効果が見込めます。